HOME » 今週の講話 » 小学校の講話 » 先週の小学校の講話
 
  先週の小学校の講話

◆オリンピックマーク◆


 先週の月曜日は、「体育の日」でお休みでした。10月の第二月曜日を体育の日と決めたからです。2020年から「スポーツの日」になるようです。

 「体育の日」は、そもそも、10月10日でした。

 なぜかというと、今から54年前の、1964(昭和39)年に東京オリンピックが開かれました。その開会式の10月10日を国民の祝日にしたからです。

 ところで、54年前の東京オリンピックのエンブレムがこれです(拡大したコピーか、スライドを見せる)。ここに五つの輪があります。「オリンピックマーク」と言います。見たことがありますか。

 2020年の東京オリンピックのエンブレムにも、「オリンピックマーク」があります。

 毎回オリンピックが開催されると、五輪の旗が開会式に掲揚されます。

 五輪は何を表しているのでしょうか?

 それは、世界の五つの大陸です。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、オセアニア大陸を表しています。

 五つの輪は、「青、黄、黒、緑、赤」の5色と、旗の地の色として「白」を加えて、6色です。この6色で、世界の国旗のほとんどを描くことができるそうです。

 さらに、それぞれの輪は交わっています。見て分かりますね。

 これらのことから、オリンピックの五輪は、スポーツを通して、世界中のあらゆる人々が仲良く、友だちになり、平和をめざすことを表しているのです。

 いよいよ、2年後の2020年に世界の平和の祭典といわれているオリンピック・パラリンピックがまた東京で開かれます。楽しみですね。

 今日は、オリンピックマークのお話をしました。

(宮田周二)

※上記内容を無断で転載・複製することを禁じます。