HOME » 図書詳細

買い物かごを見る
注文件数:点
現在の商品計:円

Copyright © 2017
カゴに入れる

子どものやる気を引き出す できる教師の言葉かけマジック

 在庫あり
[本書の概要]

アドラー心理学に基づく言葉かけのプリンシプル

教師の一言に、傷つく子どもも救われる子どももいる
学級にいるどの子もみんな「先生に見ていてほしい」「信頼し期待してほしい」と思っています。
教師の言葉かけは、子どもの隠れたやる気を引き出し、保護者関係にも影響します。
「言わなくてもわかるだろう」は伝える側の言い訳。言葉にして伝えないと相手には伝わらないものです。
まずは言葉かけ1000本ノックで実践あるのみ!


本書では、心理学等に習熟し現場での経験も豊かな執筆陣が、どのようにすれば子どもの意欲をうまく引き出す教師になることができるのかをさまざまな実例を出しわかりやすく示しています。いずれも「セオリー(理論)をふまえ、現場での成功体験もふまえた具体的かつ実践的な知恵」に富んだものばかりです。

もっと具体的な心理学の手法を学びたい先生にはこちらもおすすめ!
『子どものやる気を引き出す できる教師の言葉の魔法』


[編集] 諸富祥彦 
[刊行日] 2017/6/28 [形態] ムック
[定価] 1944円(税込) [判型] 四六判 [頁数] 176頁
[ISBN] 978-4-86560-731-4 [雑誌コード] 63017-22

[本書の目次]

はじめに・・・諸富祥彦

第1章 教師の言葉かけ一つで子どもはぐんぐん伸びてくる

1.今、学級経営がむずかしくなっている・・・諸富祥彦
2.教師の言葉かけが変わると教室の雰囲気がガラリと変わる・・・諸富祥彦
3.信頼と期待の言葉かけがやる気を引き出す・・・諸富祥彦

第2章 なぜ教師の思いは子どもに届かないのか

1.いつも怒ってばかりいる教師・・・片桐力
2.子どもに嫌われたくない教師・・・土田雄一
3.説明が長くて回りくどい教師・・・植草伸之

第3章 言葉かけ1000本ノック

1.前向きで一体感のある学級にしたい・・・難波雄一/佐藤政美
2.子どものやる気を引き出したい・・・森重裕二/但馬淑夫
3.子どもの能力を高めたい・・・水上和夫
4.子どもの失敗を励ましたい・・・嶋﨑政男
5.子どもから相談される教師でありたい・・・金山健一


カゴに入れる